安全管理に必須!クラウド運送管理システム導入のお勧めポイントや豆知識を紹介!

昨今飲酒運転や居眠り運転が非常に問題になっています。
そのことが原因で、幼児などがたくさん命を落とすことになっているのです。
そのため企業にはさらなる安全運転管理や安全配慮が求められるようになってるのです。
安全管理の強化の一つとして運送管理システムのクラウド化がよく見られるようになっています。
当サイトでは導入のおすすめポイントや豆知識を紹介します。

安全管理に必須!クラウド運送管理システム導入のお勧めポイントや豆知識を紹介!

運送管理システムをクラウド化することで、もたらされることを豆知識として紹介します。
運送管理システムのクラウド化では運行状況や荷物の配送状況、進捗具合などあらゆるデータを一元管理でき、シャン全員でデータを共有することも出来ます。
運送管理システムのクラウド化ではドライバーのドライブレコーダーのデータなども瞬時に見ることができ、データの分析なども簡単に行えるのです。
勤怠管理システムとの連動も出来、勤怠管理も徹底させることが出来るのです。
休憩時間の管理や運転の反省点に振り返りなども出来、安全管理を強化することになるのです。

飲酒運転による交通事故ニュースを受けて多くの企業が導入してるクラウド運送管理システム

クラウド型の運送管理システムの中には、飲酒運転やそれに伴う悲惨な交通事故を防ぐための仕組みを備えるものもあります。
これは要するに車両にアルコール検知器を備え付け、呼気検査でアルコールが検知されないときに限ってエンジンが始動できるというものであり、万が一アルコールが検出されるとエンジンをかけられない仕組みになっています。
運送管理において飲酒運転の防止は大きな命題であり、点呼時のアルコール検査などが行われていますが、車両に備え付けてエンジン始動と連動させていることが大きな利点であり、実際には飲酒しているのにそれをすり抜けて運転してしまうといったことが物理的に起こりません。
そして、これらの検査結果はリアルタイムで記録され、必要な期間にわたって保管することもできます。
ただ、クラウド型のシステムだからと言って全てがこの仕組みを備えているとは限りませんので、導入時には事前に確認しておきましょう。

クラウドの運送管理システムをクラウドエンジニアに構築依頼した際の費用相場について

クラウドの運送管理システムを導入する場合には、一般的には既に存在するシステムの機能を利用することが多いため、初期コストを大幅に軽減できると言うメリットがあります。
しかしそのシステムの機能が自らの必要とする能力にそぐわない場合には、個別にクラウドエンジニアなどに依頼し様々な機能を網羅しようとすることも少なくありません。
この場合に注意しなければならないのは、これらの機能を実現するためには開発が必要となることが多いため、その費用を意識することが重要であると言う点です。
エンジニアに独自のシステムの構築を依頼する場合には、そのための費用が発生します。
初めからシステム設計を行う形になるため、その構築依頼によって費用が発生することを意識することが重要です。
その金額は運送会社が自らシステムを購入した場合よりも高額となることも多いため、注意をすることが大切です。
またこのように開発した機能を不用意に他者に利用されないようにするためには、特許申請なども適切に行うことが重要です。

企業におけるクラウド運送管理システムのランニングコストについて

運送などのシステムをクラウド化させる際には初期コストだけでなく、ランニングコストもかかります。
そのランニングコストに見合ったメリットが得られるかどうか調べておくことにより、自社の利益を追求しやすくなります。
自前のクラウドシステムを使用する場合には月額費用がかからない代わりに、膨大な初期費用がかかります。
これはよっぽどのノウハウと資金を持つ大企業でなければ出来ないことなので、多くの企業は特定の業者と契約を結び月額の費用を支払いながら運用を行うことになります。
かかる料金は事業規模によって変わります。
セキュリティの程度も変わるので安ければ安いほど良いということではなく、しっかりと安全性が担保されたものでなければなりません。
運送業では品物や顧客のデータを取り扱うので、セキュリティ面に不安があるとトラブルに繋がります。
規模の経済の観点から言うと、まとめて契約を行った方が1件あたりのコストは下がります。

企業におけるクラウド運送管理システムの保守管理やセキュリティ対策費用について

企業でクラウド運送管理システムを導入した場合、コンピューターシステムである以上は保守管理とかセキュリティ対策が気になるところです。
ですが、クラウド型だということでこの点での企業側の負担は大幅に軽減されます。
これは企業内にシステムを構築するのではなく、インターネットを介してシステムを利用する仕組みであり、保守とかメンテナンスはその運送管理ステムを導入した企業自身が行う必要は全くありません。
システムのサービスを提供している会社の責任で行われます。
もちろんそこにはコストがかかるわけですが、それは通常は月々のシステム利用料に含まれていますのであまり気にする必要もありません。
このように、自社内で構築するシステムでないことのメリットが活きてくるわけですが、社内の端末操作とかデータ入力時のセキュリティは当然ながら自分たちで担保する必要があります。
IDやパスワードでアクセス権を管理するといったことが該当します。

著者:熊本静雄

筆者プロフィール

東京都渋谷区生まれ。
運送会社によって起きる事故が少しでも減るよう、管理システムのクラウド化がもっと普及すればいいなあと思います。
運送をクラウドで